LANGUAGE
CM : KIBOU

OLYMPUS

SPACE PROJECT

オリンパス株式会社の創立90周年記念企画として実施され、日本人宇宙飛行士が撮影・出演する初のCMとなった。本CMでは、地上で女優の宮崎あおいさんが、宇宙では若田光一宇宙飛行士が、共にオリンパス株式会社の一眼レフカメラを手に、それぞれの視点から”地球”を見つめ直す内容になっており、「キボウ編」、「この星と共に生きている編」の2本が制作された。

CLICK TO PLAY
CM : LIVING IN THIS PLANET
CLICK TO PLAY
CM : MAKING
CLICK TO PLAY
WEB 01
WEB 02
MISSION BADGE

OLYMPUS

SPACE PROJECT

OLYMPUS SPACE PROJECTはオリンパス株式会社の創立90周年記念企画事業の一環として実施された。日本人宇宙飛行士が参加して実施された初の民間宇宙プロジェクトである。

CMは「この星を、もう一度見つけよう」をコンセプトに、「キボウ編」と「この星と共に生きている編」の計2本が制作された。地上では女優の宮崎あおいさんが、宇宙では若田光一宇宙飛行士が、共にオリンパス株式会社の一眼レフカメラを手に、それぞれの視点から地球を見つめ直し、写真を撮影するストーリーである。
オリンパス株式会社のデジタル一眼レフカメラ「E-3」はアメリカフロリダ州ケネディ宇宙センターよりJAXAの若田光一宇宙飛行士が搭乗するスペースシャトル「ディスカバリー号」で打ち上げられた。撮影は「国際宇宙ステーション」の中にある日本最初の有人宇宙施設「きぼう」で行われた。
また宇宙用の改造が施された「E-3」と交換レンズ、およびシステムアクセサリには、オフガス試験、減圧試験を始めとする各種試験を実施し、JAXA・NASAによる安全審査をクリアした。
そして同プロジェクトでは若田光一宇宙飛行士による宇宙からの地球の写真撮影が行われた。撮影された画像は、地球に帰還後、写真展やスペシャルサイトで公開された。

DETAILS